健康経営

健康経営について

健康経営宣言について

エム・シー・ヘルスケアグループでは、社員の健康が重要な経営課題であると認識して、「社会への貢献、持続的な成長、志高い企業風土」の経営理念のもと、社員とその家族の健康づくりを支える健康経営を推進していくことを宣言します。
社員が心身ともに健康で、個性と能力を最大限発揮して活躍、成長することが、さらなる進化とビジョンの実現に繋がると考え、会社と社員が一体となった健康づくりを行って参ります。

健康経営宣言 エム・シー・ヘルスケアグループは、社員一人ひとりが自らの健康づくりに取り組み、生きがいと実りある生活を営むとともに、健全で志高い職場環境をつくり、日本の医療に貢献できる会社を目指します。2021年10月1日 エム・シー・ヘルスケア 株式会社 代表取締役社長 木村真敏 健康経営宣言 エム・シー・ヘルスケアグループは、社員一人ひとりが自らの健康づくりに取り組み、生きがいと実りある生活を営むとともに、健全で志高い職場環境をつくり、日本の医療に貢献できる会社を目指します。2021年10月1日 エム・シー・ヘルスケア 株式会社 代表取締役社長 木村真敏

健康経営優良法人2023認定取得

当グループでは、経済産業省が公表する健康経営優良法人認定制度において「健康経営優良法人2023・大規模法人部門」の認定を取得いたしました。継続的に健康経営の推進を行い、より良い職場環境と社員の健康づくりを支援してまいります。

エム・シー・ヘルスケアグループが目指す健康経営

エム・シー・ヘルスケアグループは未来に向けて健康経営の推進を行い、よりよい職場環境と社員の健康づくりを支援していきます。

  • すべての社員が年齢を超えて、健康に生産的に働ける状態にあること
  • 自らの健康課題に対して、能動的に対応できる社員であること
  • 医療に従事する企業として、健康的な行動を全社員が心がけること
  • 自分と自分が関わる家族や友人も一緒に健康な生活を営めること
  • 病気や障害をもった社員も、過不足なく自己実現を図る環境であること

重点取り組み事項

エム・シー・ヘルスケアグループは、7つの重点取り組み事項での予防活動や健康づくり、就労支援を積極的に行っていきます。

  1. 1. 健康意識の推進
  2. 2. 生活習慣病の予防・支援
  3. 3. メンタルヘルスの予防・支援
  4. 4. ウィメンズヘルスの対策・支援
  5. 5. 禁煙の支援
  6. 6. がんの予防・支援
  7. 7. 感染症の予防・支援

戦略マップ

MCHG健康経営戦略マップ 2022-2030

組織体制の整備

健康経営推進体制図

ダイバーシティへの取り組み

子育て支援

仕事と子育ての両立を目指し、ワークライフバランス実現に向けた働きやすい環境を作ることにより、すべての社員がその能力を十分に発揮できるよう子育て支援を推進しています。多様な働き方を受け入れるため、各種制度を整備しており、「短時間勤務の対象年齢拡大(小学校6年生修了前まで)」「育児休業取得で一部有給化」については、法令を上回る水準を実現しています。

女性活躍推進の取り組み

女性社員がその個性と能力を十分に発揮できるよう、女性活躍を推進するため、主に以下の取り組みを実施しています。
・女性管理職の登用
・新卒採用における女性の積極採用
・女性社員のキャリアアップに資する職掌(雇用管理区分)の転換
・非正規社員(契約社員・パート社員)から正社員への転換
・派遣社員から正社員への雇用