医療材料の物品管理(SPD)

先進的なITシステムを活用して在庫を最適化、物品管理業務の
負担軽減をサポートし病院経営の強化に貢献します。

先進的なITシステムを活用して在庫を最適化、物品管理業務の負担軽減をサポートし病院経営の強化に貢献します。

こんなご要望にエム・シー・ヘルスケアグループがお応えします!!

  • 院内倉庫スペースの転用を考えたい。
  • 院内職員の業務効率化を推進したい。
  • 物品管理データを活用し、経営管理を
    強化したい。
  • 医療材料費の適正化を実現したい。
  • 手術室・カテ室の消費管理を
    強化したい。
  • 医事請求の精度を高めたい。
  • これらご要望に応えるために、全国の弊社サプライセンター(院外倉庫)を活用し、システム運用業務設計を行っています。

このようなお悩みに、私たちは購入、在庫管理、回収搬送等の業務の一元化を行い、医療材料等の院内在庫数の適正化により材料費等の削減を図るとともに、病院職員のノンコア業務を軽減し、経営健全化に貢献します。

主な支援業務

医療材料物品管理システムJITS System(Just In Time & Stockless)

必要なものを、必要な場所へ、必要なだけお届けする「JITSシステム」は、医療材料物品管理システムとして全国の主要病院で高い評価を得ています。また、医療材料の使用量・種類・動向などの各種統計データを得ることができるため、経営管理にも役立てられています。

物品マスターの整備・経営分析のご支援

物品マスターの整備・経営分析のご支援

物品管理業務の「要」ともいえる物品マスターを整備し、マスター環境の質を最新の状態に維持します。導入されている病院情報システムとの質の高いデータ連携を可能とする環境を構築します。
また、定期的に経営に資するデータ分析をご提供することにより経営管理・経営分析の支援や原価取得の支援など、多方面から病院の経営を後方支援します。

手術室・カテーテル室の原価計算

手術室・カテーテル室の原価計算

手術室・カテーテル室における患者さん別や症例別等に原価管理及び各種分析を行うとともに、蓄積データを活用し、様々な分析/報告を行うことが可能です。
蓄積したデータから症例のムダ・ムラを把握し原価低減を図ることに貢献し、症例毎の経済価値を把握できます。また、ご要望に応じて、手術室、カテーテル室運営の可視化、運用効率の見直しについても支援できます。

災害時の物品供給について

震災などの大きな災害時には、物品倉庫の損壊・情報ネットワークの遮断などにより、被災地域全体の物流網の麻痺が予想されます。私たちは大規模災害時に備え、全国に展開している院外倉庫(サプライ
センター)を活用し、エム・シー・ヘルスケアグループの総力を挙げて対応し、全国各地からバックアップ供給ができる地域横断的な緊急時支援体制を構築しています。

サプライセンター 全国に院外の倉庫拠点があります。