病院建替・新築移転事業に対するトータルマネジメント

社会情勢の変化に対応した、地域に貢献し続けることができる、
持続可能な病院造りを、構想段階から竣工まで支援します。

変化する社会情勢に対応した、地域に貢献し続ける病院造りの、構想段階から竣工までのマネジメントを提供します。

こんなご要望にエム・シー・ヘルスケアグループがお応えします!

病院建替・新築移転計画に関して

  • 院内におけるマンパワー不足を解消したい。
  • 複雑多岐にわたる検討事項を整理したい。
  • 総事業費用や事業スケジュールを適正化したい。
  • 事業スケジュールを管理してほしい。
  • 内部・外部環境の分析をしてほしい。
  • 移転事業に合わせて、運用計画を見直したい。

病院の建替・新築移転事業では、数十年に一度の大規模な事業であり、大きな投資が伴います。
一方、院内では建替専任のスタッフが居ない状況が、事業推進上の大きな課題です。
この事業の推進は長期に渡りますが、特に初期の基本構想・基本計画段階が、持続可能で医療経営的にも健全な病院を見据えた計画を策定する上で、最も重要な期間となります。
弊社は、一括検討方式、三位一体の計画などの手法を用い、また、ステークホルダーとの調整等を含め、最適解に導くべくトータルに病院を支援します。